[バイク女子ブログ]多くの女子が怖い!と感じる坂道発進

ツーリング 野沢温泉

私は坂道発進が苦手です。

正直に言うと、怖い。

ちょっとした傾斜でも発進の時はいつも緊張してしまいます。

 

そんな私がツーリングで野沢温泉に行った時のこと。

土地柄、急勾配があることは想定していたけど…。

もう少しで宿に着く!という場面で、その恐怖は訪れたのでした。

 

 

▪︎恐怖!坂道発進

45度くらいあるんじゃないか?!(そんなにあるわけないんだけど)と

思うような急な坂道を上がったところの交差点。

それを右折したらお宿に到着。

ここは一気に曲がってクリアしたいところ…にもかかわらず!

 

がーん。

 

交差点に差し掛かる直前、つまり後が大きく下向いた状態で、まさかの赤信号。

仲間はすでに右折済み。

 

坂道で立ってるだけでもいっぱいいっぱい。

怖くて、ちゃんと発進できる気がしない。

しかも発進直後に右折でしょ…?

もう泣きそう。

 

しかもこんなバイクで来てしまった…。

転ぶわけにはいかない!

ツーリング 野沢温泉

 

信号が変わった。

肩に力が入りまくっている。

 

いざ!1速にギアをいれて半クラへ..。

 

ブォーン!と空虚な音。

 

車体が、ずずーって後に下がる。

なぬ?!ギアが入っていなかった…。

ここでもうパニック状態。

 

しかし!

仲間は交差点の先に行ってしまって、私の姿は見えない。

誰も助けてくれないのだ。

 

気を取り直してがんばるしかない!

モンスターをキズキズにするわけにいかないし。

 

まずは背後でつながっている車のことを完全無視!

そして一回深呼吸。

それからちゃんとギアが入ったことを確認したら、

後に下がらないように、リアブレーキをこれでもか!というくらい踏む。

並みの半クラでは前に進まない!ってくらい踏んでたかも。

エンストしないように、思いっきりアクセル開けて発進!

(実際にはそんなに開いてないとおもうけど。)

ひとつひとつの動作のすべてが大げさ。

 

ブ、ブィーン!

 

何ごとか?!…と思うような大きな音をたててバイクが前に進んだ。

 

次、右折!

思いっきりハンドル切って右側にコケるイメージがリアルに頭に浮かぶ。

だからハンドルを切ろうとせず、ただただ曲がる方向をにらみつける。

 

なんとなくバイクが水平になってきた。

仲間が待ってる姿が見えた。

ホッとして涙がでそうになった。

 

カラダ中ガチガチな私に、良くバイクがついて来てくれたなぁ。

 

このときの私の頭の中がここまで冷静だったかどうかは定かじゃないけど、

なんとか通り抜けることができてホッとしたとき、

カラダ中の力が抜けたのを今でも覚えてます。

 

 

▪︎リアブレーキを活用しよう!

背の高い男性が、べったり両足をついて、

ブレーキ放しても後ろに下がらないようにしているのをよく見かけますよね。

いつも、うらやましいなぁ…って思います。

 

女子の場合、そこまでべったり足をつけてバイクを支えられる人は少ないでしょ。

だから、傾斜がついたロケーションが苦手な人が多いんじゃないかと思います。

 

その後、私がいろんなスキルアップレッスンに参加して学んだこと。

それは、苦手な場所でこそリアブレーキを使うこと。

 

リアブレーキがタイミングよく使えるようになると、

とたんにバイクが安定したように感じます。

 

止まっている時も。

スピードを落とす時も。

コーナーを曲がる時も。

 

教習所で、

「足をつく時は左足で!」と言われ続けて耳タコ状態になりましたよね。

右足をひかれないようにという理由もあるとは思うけど、

私は常にリアブレーキを使うことで、バイクが安定するという理由の方が重要な気がしました。

 

リアブレーキを使うリズムが身についた時、

すっごくバイクに乗るのが楽になりました。

 

上半身の力を抜くには、下半身の安定から。

 

何十回も聞いたこの言葉を、やっとそれを体感できた気がしました。

 

 

▪︎スキルアップレッスンのススメ

こういうちょっとしたヒントって、誰かに教えてもらわないとわからないですよね。

不安なときこそ、スキルアップレッスンに行くことをお勧めします。

 

ライテク本を読むよりも、体得は間違いなく早いです。

何回かレッスン受けて、改めてライテク本を読むと、

目からウロコがボロボロ。

 

私ももっと早く行っておけば良かった…と思う今日この頃。

楽しいバイク女子ライフを♪。

 

女性だけのライテクレッスン、あります。

 

・レディースバイク・オートバイ安全教室:東京

毎月第4土曜日 午前9時~午後0時

交通安全教育センターコース(東京都世田谷区宇奈根地)

警視庁二輪車交通安全教室

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/nirin/anzen.htm

 

 

投稿:マテ

 

 


関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA